仙台キワニスクラブの活動



2017年10月28日のキワニス・ワンデー行事として, 仙台キワニスクラブはチャリティー・コンサートを企画しました. 宮城県立こども病院に入院している子ども達の家族のための「ドナルド・マクドナルド・ハウス・せんだい」の食堂に 入院中の子ども達とその家族を含む約60名が集り, 受賞歴の輝かしい永野忠芳(サクソフォン), 鈴木ゆめみ(フルート), 齋藤めぐむ(エレクトーン)さん達の名演奏を楽しみました.
Kiwanis One Day
Kiwanis One Day
キワニスドール贈呈
Kiwanis One Day
Kiwanis One Day


第45回仙台キワニス社会公益賞をボランティア団体「伝承七夕」(佐藤洋子 代表)に贈呈. 伝統的な仙台七夕の伝承や後継者育成のため2000年4月に設立された当団体は, 子ども達や高齢者, さらには仮設住宅 に住む東日本大震災被災者にも七夕飾り作成を伝承. 全国健康福祉祭(ねんりんピック)の仙台市選手団の各選手は当団体制作の 七夕飾りを持って開会式の入場行進を行い好評を博している.
社会公益賞
佐藤洋子代表と, 伝承七夕作成の七夕飾りを持つ高木一弘会長(2017年6月8日)


東北大学病院小児科に, キワニスドール10体を寄贈.
東北大学病院小児科
東北大学病院小児科の力石健 病棟医長, 志田智子 看護師長とチャイルドライフ・スペシャリスト 渡辺悠(はるか)さん. 仙台キワニスクラブの高木一弘 会長と中六角厚志 事業委員長. (2017年6月6日)


2017年5月18日(木), 仙台キワニスクラブと仙南サテライトとの交流会長杯ゴルフ会を仙台空港カントリークラブで開催.
Golf Competition
仙台キワアニスクラブから15名, 仙南サテライトから6名の計21名が参加.
Golf Competition
優勝した春日部泰昭会員(仙南サテライト)に高木一弘会長から会長杯(須佐尚康会員制作のキワニスドール彫刻)贈呈.


2017年5月11日(木)から13日(土)まで, 第54回日本小児科学会学術集会が, 仙台国際センターで開催された. 仙台キワニスクラブは, 札幌キワニスクラブの協力も得て, キワニスドールを展示. (札幌キワニスクラブは50体, 仙台キワニスクラブは150体を用意.)
Pediatric Sergeons

Pediatric Sergeons
会期中は, 仙台キワニスクラブの事業委員会委員が交代でキワニスドールブースに待機. 86体のドールを配布するとともに, 30体の送付申込みを受けた.


2017年4月5日, 米国インディアナ州のラフィエット・キワニスクラブ(1916年創立で, 東京キワニスクラブの姉妹クラブ) の尾形隆彦会長と3名の会員が来仙. 被災地である宮城県石巻市の門脇,日和山公園, 大川小学校跡, 宮城県南三陸町志津川, および宮城県東松島市野蒜を御案内. 被害が広範囲に広がっていた事実に先ずびっくりし, 地域再計画のもと復興作業が着実進んでいることをみて日本人の忍耐力と復元力に感動された由.
Lafayette
宮城県南三陸町の志津川中学校にて. 背景は嵩上げ工事が進行中の志津川.
Lafayette
志津川の防災庁舎. 上は2011年10月撮影. 工事により周辺は防災庁舎よりも高く嵩上げ(2017年4月5日撮影).
Lafayette
宮城県東松島市震災復興伝承館(仙石線の旧野蒜駅)にて


国際キワニスが年間8号出版するKiwanis Magazine の出版者であるJack Brockley氏が仙台を訪問.
2011年3月11日の東日本大震災で被災した子ども達のために, 世界中からの義援金により支援活動を続けてきた
キワニスクラブ共同基金 および 仙台キワニスクラブ子ども基金の活動成果の取材が目的.
Jack
仙台キワニスクラブ例会(2017年2月23日), 歓迎会(24日), 観光(松島, 青葉城址)
Jack
(2月22日)宮城県東松島市の震災復興伝承館(津波で被災した旧野蒜駅)
Jack
(2月23日)宮城県山元町の旧中浜小学校の遺構. 鉄筋2階の校舎は津波で水没.
児童や住民約90名が, 屋上に避難して被害を免れ, 自衛隊のヘリコプターにより翌日救出された.
山元町坂元中学校放課後および山元町公民館における, 一般社団法人「まなびの森」による学習支援活動
Jack
宮城県南三陸町志津川の嵩上げ工事進行中(2017年2月24日)
Jack
(2月24日)志津川中学校から志津川を見下ろす地点でインタビューを受ける佐々木奏太氏
Jack
(2月24日)宮城県石巻市旧大川小学校の2年生(津波で亡くなった父君が担任をしておられた)
の教室跡および裏山への登り口でインタビューを受ける佐々木奏太氏
Jack
宮城県東松島市の宮野森小学校新校舎お披露目(2017年2月25日).
津波で被災した野蒜小学校と宮戸小学校との統合して出来た宮野森小学校は,
これまで仮校舎で授業を行ってきたが, 6年生が卒業前に新しい校舎で勉強できるよう完工.


2016年10月22日のキワニス・ワンデー行事として, 仙台キワニスクラブはチャリティー・コンサートを企画しました. 宮城県立こども病院に入院している子ども達の家族のための「ドナルド・マクドナルド・ハウス・せんだい」の食堂に 入院中の子ども達6名とその家族を含む70名が集り, 受賞歴の輝かしい吉田蘭子(フルート), 吉田和久(ヴィオラ/バイオリン), 福村麻矢(ピアノ)さん達の名演奏を楽しみました.
キワニスワンデー

キワニスワンデー


国際キワニス財団の2014-15年のアニュアル・ギビング・プログラムにおいて, 会員1人当り寄付額が世界第1位であった日本地区に対し, 「高等教育を受けている勤勉な5名の学生への経済的支援」として, 国際キワニス財団から各2,000米ドルの奨学金が支給 されることになり, 仙台キワニスクラブから東北大学に推薦依頼し, 推薦を受けた佐藤 巧実(たくみ)君を, 日本地区を通じて国際キワニス財団に推薦. 佐藤 巧実君は, 東北大学工学部1年生で, 東日本大震災により自宅全壊の被害を受けた. 将来は宇宙開発に取り組みたいと勉学に励んでいる.
KIFscholar
佐藤嘉昭会長から佐藤巧実君に目録贈呈, お礼の挨拶(2016年8月25日の第970回例会)


仙台キワニスクラブは2016年6月10日に「東日本大震災から5年の現状報告~設立45周年記念式典~」を挙行し, 全国各地から100名の方々にご参加頂きました. また, 翌6月11日には, 東日本大震災被災地の今をご覧頂くため, 石巻市の大川小学校, 南三陸町志津川, 石巻市の日和山公園に, 約50名の方々を, 御案内しました.
記念式典
記念式典
社会公益賞
児童養護施設出身者らの自立支援活動を行っている「こどもの夢ネット」(卜蔵[ぼくら] 康行代表)に 第44回仙台キワニス社会公益賞を贈呈.
今村文彦教授
今村文彦教授 (東北大学 国際災害科学研究所長)による記念講演「東日本大震災から5年---教訓を後生に---」
祝賀会
祝賀会
おり姫隊
宮城県内被災地の小・中・高生による震災復興支援アイドルグループ「みちのく仙台ORI☆姫隊」


東北大学病院小児科のチャイルドライフ・スペシャリストの要請で, キワニス人形15体を寄贈.
東北大病院小児科
東北大学病院小児科の志田智子看護師長とチャイルドライフ・スペシャリスト 渡辺悠(はるか)さん (2016年4月13日)


母子破傷風を撲滅しようとするエリミネート・プロジェクト(国際キワニスとユニセフとの共同. 2011年から2015年まで)において, 仙台キワニスクラブは, 「モデルクラブ」のプレッジを達成.
「モデルクラブ」とは, 会員一人当りUS$750を5年間で支払うもの. 仙台キワニスクラブは, 東日本大震災後1年の2012年6月18日に, 当時の正会員57名分US$42,750の支払をプレッジ. 2015年12月21日に, プレッジ以上のUS$43,622.05の支払を完了.
モデルクラブ
仙台キワニスクラブ例会後の記念写真(2016年2月25日)


恒例の骨髄バンク登録推進街頭パレード(2015年10月24日).
仙台キワニスクラブは, 宮城骨髄バンク登録推進協議会の発足以来毎回協力. 昨年は中止されたため, 本年は21回目.
MarrowCeremony
パレード開始前の式典. 佐藤嘉昭会長から支援金贈呈.
MarrowParade
今回は, フィリピン南地区のキワニアンとお嬢さんも参加.


2015年10月から国際キワニス財団次期会長に就任するマレーシアのHwang Chia Sing (黄 家興)夫妻が, 2015年9月5日から8日まで仙台来訪.
JDCONsaitama
埼玉キワニスクラブがホストとを務めた第39回キワニス日本地区大会での, 仙台キワニスクラブ参加者記念写真. (2015年9月4日)
KCSendaiDinner
仙台キワニスクラブの歓迎夕食会.
SendaiCity
仙台城跡から望む仙台市内.
AobaCastle
仙台城跡の"伊達サムライ".
LuXunStatue
東北大学本部片平キャンパスの魯迅像.
LuXunBlackboard
仙台医学専門学校留学時(1904--1906)に, 魯迅が講義を受けた"魯迅の階段教室".
LuXunLectureTheater
受講時に魯迅がいつも座っていたと言われている座席.
SingHiyoriyama
宮城県石巻市日和山から見た東日本大震災被災地.
NobiruStation
2011年3月11日の東日本大震災で被災した宮城県東松島市野蒜の仙石線旧野蒜駅. 背後の岡の上に新野蒜駅が建てられ2015年5月30日に使用開始.
SendaiAirport
仙台空港も東日本大震災を被災.


2015仙台キワニス社会公益賞
社会公益賞
第948回例会(2015年6月11日)にて, 第43回仙台キワニス社会公益賞を, 我妻清一仙台キワニスクラブ会長から, 青葉区BBS会の小林 由季会長に贈呈
社会公益賞
同会は, 社会のルールを踏外し非行を起してしまった, あるいは起す恐れのある少年・少女の 兄・姉(Big Brothers and Sisters)・友達となって, 彼らの相談相手となり立ち直りを一緒に考えたり, 彼らが健やかに成長することのお手伝いをしたりと言った活動を中心としている, 米国発祥のボランティア活動団体 日本BBS連盟 に属し, 1952年に発足. 現在は, 東北福祉大学の学生を中心に活動している.


仙南サテライト発足
発足時会員11名.
仙南サテライト
発起人会(2014年11月19日), 宮城県丸森町, 八雄館にて


2014仙台キワニス社会公益賞
社会公益賞
第929回例会(2014年6月12日)にて, 仙台キワニス社会公益賞を, 佐藤裕雄仙台キワニスクラブ会長から, 特定非営利活動法人「宮城県患者・家族団体連絡協議会」 理事長 高村秀幸氏に贈呈.
社会公益賞
同法人には, 県内の難病患者団体とその家族が参加する. 1988年に結成された 「宮城県難病団体連絡協議会」が母体であり, 2005年の法人化に伴い患者の家族も加えた.


国際キワニス日本地区公式訪問の一環として, グンター・ガッサー国際会長夫妻が, 日本地区の小川恵三ガバナーおよび石原正之事務総長とともに来仙.

国際会長来仙0
(2014年4月12日) 秋保温泉の「佐勘」にて歓迎会. 佐藤裕雄会長の歓迎挨拶とバナー交換.

国際会長来仙1
(2014年4月12日) 秋保温泉の「佐勘」にて, 津軽三味線.

国際会長来仙2
(2014年4月13日) 東日本大震災後3年経過した被災地石巻および南三陸町志津川を訪問し, キワニスが支援した子ども達に会う前に, 仙台市内の榴岡(つつじがおか)公園で, ちょうど満開の桜を観賞.


恒例の骨髄バンク登録推進街頭パレード(2013年11月9日).
仙台キワニスクラブは, 宮城骨髄バンク登録推進協議会の発足以来毎年協力. 本年は20回目.

2013骨髄バンクパレード
本年も, 自前でキワニス・ロゴを印刷した風船に事務局でヘリウムガス充填

2013骨髄バンクパレード

ボーイスカウト, ガールスカウトも参加
2013骨髄バンクパレード
仙台市青葉区一番町通りを南下して, 子ども達に風船をプレゼント. 最後は青葉通りで左折し, 仙台駅方向に東進.

恒例の骨髄バンク登録推進パレード (2012年11月17日).
2012骨髄バンクパレード
本年は, 風船へのキワニスマーク印刷およびクラブ事務局でヘリウムガス充填とも自前. 2012骨髄バンクパレード


会長杯ゴルフコンペ(2012年10月29日, 仙台カントリークラブ名取コース) 2012ゴルフコンペ


仙台キワニスクラブ青少年健全育成活動支援事業は, クラブ設立35周年記念事業として発足後, 現在も毎年実施している.
2012年度は2団体を支援: (1) 宮城県黒川郡大衡村の「大衡やまなみ女子バレーボールスポーツ少年団」 (現在, 小学生17名)に, チームジャージー, ネット, ボールを支援. (2)仙台市ソフトボール協会の第39回仙台市中学校春季ソフトボール大会に賞状・盾を贈呈
青少年健全育成活動支援事業
大衡やまなみ女子バレーボールスポーツ少年団と濱田敏克会長, 小島吉雄事業委員長とで記念撮影
青少年健全育成活動支援事業
お揃いのジャージーはキワニス・マーク付
青少年健全育成活動支援事業
寄贈したバレーボ-ル
青少年健全育成活動支援事業
キワニス・ロゴ付ジャージー
青少年健全育成活動事業
第39回仙台市中学校春季ソフトボール大会で挨拶する濱田敏克会長.


2012仙台キワニス社会公益賞
社会公益賞
第890回例会(2012年7月26日)にて, 仙台キワニス社会公益賞を, 濱田敏克仙台キワニスクラブ会長から, 特定非営利活動法人「コスモスクラブ」代表佐藤智香子氏に贈呈. (写真提供: 産経新聞社)
「コスモスクラブ」は, 障害のある子ども達と成人を支援する施設で, 1999年5月1日に発足. 幼児・小学生を対象とした「コクモスクラブつるがや」と「コスモスクラブどんぐり」, 中学生・高校生を対象とした「コスモスクラブにこにこの家」と「ぽかぽかの家」, 成人を対象とした 「コスモスクラブすまいる作業所」と「コスモスクラブすまいる作業所えくぼ」の6事業所で活動し, 現在の登録者は141名.


折鶴作製
折鶴例会
第881回例会(2012年3月8日)にて折鶴作製. 地震・津波犠牲者の鎮魂. アジア太平洋年次総会(2012年3月15日--17日, スリランカ)の際に, 義援金に対する感謝の印として配布.


例会でキワニス人形作製
仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動


毎年恒例の骨髄バンク登録推進パレード
仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動 仙台キワニスクラブの活動